不動産投資の利回りとその種類

成功の秘訣は利回りについて理解しておくことです。不動産投資には利回りと呼ばれるものが存在します。

利回りとは、投資額に対して一定の期間内にどれだけの利益を見込めるのかをわかりやすく示したものです。 不動産投資の基本中の基本となるもので、不動産投資に関係する多くの本にも当たり前のように書かれてあります。

それにも種類があり、大きく分けて実質利回りと表面利回りがあります。 この二つを理解しておくだけでも投資の結果は大きく変わるものですよ。 不動産投資では基本中の基本であると同時に欠かすことのできない重要なものです。

利回りの読み方、考え方

まずは実質利回りについてです。

年間の賃料収益から固定資産税や管理費用などの諸経費を差し引き、さらにそれを物件価格と購入時の諸経費を足したもので割ったものです。
実質利回りはネットと呼ばれます。 あくまでも瞬間的な数値であり、年ごとに結果が変化することが多いですね。

次に表面利回りについてです。
年間の賃料で得た収益の総額を物価価格で割り戻したものです。
表面利回りはグロスと呼ばれます。 表面利回りを見て、その次に実質利回りを見て判断するのが一般的です。

名前だけで見ればわかりやすく、実質利回りにはその不動産の実態が見られますね。
利回りは不動産投資の入口と言っても過言ではありません。

なにごとも、入口となる基本中の基本をマスターしておくことは大切ですよね。 不動産投資の世界では、そのリスクマネジメントがカギとなります。
不動産には諸経費があるため、それを頭に入れた上で投資を上手に行うことがポイントですね。