節税対策に不動産投資が良いと言われているけど本当なの?

不動産投資が、節税対策になるという意見があります。
アパート経営も当然事業ですので、当然のごとく確定申告が必要となります。
では、節税対策に不動産投資は本当に良いのかを見てみましょう。

節税対策になるのには仕組みがある

節税対策に良いとされていますが、それは嘘ではありませんよ。 不動産投資の仕組みにその理由があります。

たとえば、普通のサラリーマンの場合給料に住民税や所得税がかかりますがアパート経営の場合は異なります。 アパート経営では、事業を行うため経費の計上が可能です。
つまり、賃料収入から経費を引いた分に税金がかかります。 管理費用や修繕費用など様々な費用を控除した場合、財務所の赤字に陥ることがありますよね。 そのため、マンションやアパート経営の方には税金がかからないのです。 要するに、普通に働いてもらう給料にかかる税金の節税になるというわけですよ。

サラリーマンの不動産投資が増えている

節税にもなり、さらには税金として納めていた額が戻ってくる場合もあることから、サラリーマンによる不動産投資が増えています。 払っていたお金を取り戻すことができ、個人の所得もアップするというなら誰だって魅力に思いますよね。

サラリーマンは会社からもらう給料に税金がかかります。

その税金ですが、計算上の話ですが戻ることもあるのです。 不動産投資の場合、確定申告により費用の一部を経費として計上すればより多くの税金が手元に戻ることになります。 サラリーマンとして働きながら収入を得て、不動産投資の費用を経費としてそれが戻ってくるのです。 当然個人の収入アップになるため、サラリーマンの不動産投資は今や珍しくありませんよ。

不動産投資を行えば節税にもなり、個人の収入アップにもなります。 それを成功させるためには確定申告を面倒がらずに行うこと、そして不動産投資のための準備を怠らないことがカギです。
いつまでも赤字では困るため、収入アップを意識することが成功の秘訣です。