不動産投資をサブリースにお任せするメリットとデメリットとは

不動産投資には様々な要素があります。
その要素一つで成功を収め夢の左うちわ生活を営める場合もあれば、厳しい結果となり苦汁をなめる結果となることもあります。

誰だって、投資には成功したいと思いますよね。
そんな不動産投資において、サブリースという制度が注目されています。

サブリースとは一体?

サブリースとはどのようなものなのでしょうか。

一般的には賃貸物件の一括借り上げや空室保証のことを言います。
よりわかりやすく言うと、賃貸物件を持っているオーナーが不動産管理を行う会社にその物件を貸し、それを管理会社が入居者に貸すというものです。 不動産の世界では当たり前のように存在する制度です。

サブリースのメリットは?

サブリースには多くのメリットがあります。
まず、オーナーが不動産について素人である場合に強い味方となってくれることですね。 オーナーは賃貸経営の素人であるということは案外多いものです。
管理会社は当然プロですよね。 つまり、代行して管理の業務や手続きをしてもらえるのです。

そして、本来のオーナーが訴訟の場合の当事者とならないこともメリットです。 賃貸のトラブルで入居者が訴訟を起こすことがあります。 その場合、本来のオーナーではなく管理業務を代行している管理会社が大家として扱われるのです。

サブリースのデメリットは?

メリットは確かに多いですが、デメリットも当然存在します。
何事にも言えることですね。

デメリットとして気をつけなければならないことは、賃貸収益が限られることです。
サブリース制度では管理会社が仲介しますが、それにより保証料が発生します。 その分賃貸による収益が減ってしまうことを考えなければなりません。 また、管理会社が倒産してしまえば当然大きな損害が起こります。

サブリースは不動産の世界では当たり前のように採用されている制度ですが、オーナーとしても管理会社としても、そして入居者としても気をつけなければなりません。
サブリースをよく理解して不動産投資を行えば長期的な収益は期待できます。