不動産投資をやる前に確認しておきたい主なリスクと種類

お金

不動産投資には大きな夢があります。
お金持ちになりたい、と誰もが一度は思いますよね。 不動産投資で成功すれば、文字通りお金持ちになることも可能です。 安定した収益を長期にわたり得ることもできます。
そのために、確認しておくべきリスクがあり、それには種類があります。

一番のリスクは借金

不動産投資のリスクは多く様々ですが、その中でもよく取り上げられるのが借金によるリスクです。 マンションやアパートのような集合住宅では部屋がすべて埋まらず空室が存在することがあります。

また、入居者による滞納も問題ですね。
しかし、それがあるからといって不動産投資が破綻するというわけではありませんね。

それよりも気をつけるべきなのは借金です。
オーナーに負債があり、入居者からの賃貸収益に頼り切っていると返済が行き詰まり、不動産投資の行き詰まりになることもあります。 オーナー側の個人の問題がリスクとなる場合ですね。

空室によるリスクは対策が必要

次に、不動産投資でよく起こるのが空室です。

空室があることによりリスクが発生することがとても多いです。 空室があるからといってそれが必ずしも悪い方へ作用するかというと、そうとは言い切れません。
しかし、良い物件であってもそこに入居者がいなければ当然収益になりませんよね。
入居者からの賃貸の支払いがあることが大前提だからです。それがなければ話にすらなりませんよ。

そうならないためには対策が必要です。

たとえば、都市部なら駅から近い距離にある、物件の周りにコンビニや病院などがある、などです。
そのような優良物件を探すことがポイントとなります。 優良物件なら空室になりにくく、なったとしてもすぐに入居者が見つかります。

なにごとにもリスクがあることは当然のことです。
入居者が入りやすい優良な物件を見つけ不動産投資を行えば、良い結果につながりやすくなりますよ。 そのためにもリスクに関するマネジメントは管理会社にすべて任せるのではなく、自身でも行いましょうね。