不動産投資を始めるなら区分マンション投資から

不動産投資でよく選ばれているのはマンションやアパートですね。 集合住宅であり、住居者が多く入ればそれだけ得られる賃料が多いからです。
賃貸物件にも様々な形態がありますが、不動産投資で代表されることが多いのはマンションです。 そして、そのマンションの中でも区分マンションが初心者にはおすすめですよ。

不動産投資は区分マンション投資からはじめる

不動産投資の経験がない人には区分マンションがおすすめですね。 マンションの中でも投資がしやすいと言われていますよ。
しかし、区分マンションにも様々なものがあります。 新築なのか中古なのか、都市部にあるのか郊外にあるのか、それによっても投資の状況と結果は異なるものです。

区分マンションの投資にはメリットとデメリットがあります。

区分マンションに投資するメリット

最大のメリットと言えるのは、投資の資金が少額でもスタートできることですね。 一棟のマンションやアパートの場合、不動産そのものの価格が高額になることがあります。
その場合はローンという方法もありますが、自己資産が必要になることが多いです。
区分マンションの場合、自己資産が少額であっても投資がしやすいのがポイントです。 そのため初心者にとってはハードルが高くないのです。

区分マンションに投資するデメリット

デメリットは、空室によるリスクが大きく作用することですね。
区分ではないマンションやアパートでも空室によってリスクが発生することがありますが、その影響を受けやすいのが区分マンションです。
入居者が立ち去り空室がなった場合、すぐに新しい入居者を見つけなければ賃料を得ることができません。 都市部では比較的に対処しやすいデメリットですね。

区分マンションは初心者が不動産投資をスタートするのに向いていると言われています。 しかし、デメリットも存在するため経験者からは避けられる傾向にあります。
それでも、不動産投資について実際に経験を積みたいと考える人にはおすすめですよ。